TOP > 知っておけば損をしない注文住宅の注意点

知っておけば損をしない注文住宅の注意点

注文住宅に憧れている人はたくさんいますが、その理由の多くは自由設計ができるからです。


土地を購入して(あるいは土地の相続を受けて)その土地の上に自分たちが好きなように設計した家を建てることができるすれば、そえなりに満足感が高いものなのです。

しかしながら、注文住宅にはいくつか注意しなければならない点があります。

注文住宅の相談の専門技術を身につけましょう。

では、どのようなことに注意するべきでしょうか。
まず、注文住宅を建築する場合の魅力は自由設計ですが、この自由設計は法律と予算の範囲内であれば自由に設計できますが「自由」だからこそ難しいという一面のあります。

そのため、注文住宅でこだわりの家を作りたかったけども、実際に出来上がってみると、よくあるような建売住宅と対して変わらなかったということもあります。

よほど明確な設計やこだわりが施主の頭の中にあれば別ですが、そうでなければ、お金の無駄になってしまう可能性もあるということに注意をしましょう。



また、注文住宅はお金がかかる点も注意しなければなりません。
自由設計だからこそ、費用にも限度がありません。よくある予算オーバーの例は、モデルルームを参考にする場合です。



モデルルームに行き、思わずその精巧で洗練された造りに感動し、モデルルームと同じような造りにする人もいます。

ですが、モデルルーム自体はその会社の顔であり、その分かなりお金をかけて造られているのです。


それを真似するということは、当初予定していた予算を大きく上回ってしまう恐れがありますので注意が必要になります。